大間原発訴訟の会

活動のお知らせのページ

HOMEへ戻る
2017/9/5 更新
活動の予定
2017/9/5 更新
裁判関係
2017/9/5 更新
原告募集終了
2017/9/5 更新

お  知  ら  せ    ( 2017年・9月 5日(火)更新)   〜New〜

    (弁護側の最終陳述書面の抜粋は、『裁判関係→私たちの主張』のページに掲載しています。)

1.2017年6月30日(金)午後2時30分から第29回
最終口頭弁論が函館地裁で行われました。
   原告団3名そして弁護団3名が、渾身の最終意見陳述を行いました。
     
意見陳述の要旨については、次のリンクをご覧下さい。 saisyu-ikenchinjutsu.docx へのリンク
    しかし、大変残念なことでしたが、
     
「判決期日は、追って通知します。」と、裁判長が述べられ、判決期日の指定は延期されました。
    理由は、前日の6月29日(木)に、被告側が準備書面を提出する(民訴法157条の二、の趣旨に反する
   訴訟行為)という、引き延ばしを図ったためです。
    原告側がこの準備書面への反論の時間(7月20日までに反論を提出予定)を求めざるを得なかった
   ため、裁判長はそれ以降に判決期日を指定すると判断されたようです。

2.第11回定期総会が、2017年6月17日(土)に行われました。
   内容の報告は、次のリンクをご覧下さい。  teikisoukai-houkoku.docx へのリンク
  また、同じ日の午後6時30分から、約100人が
「おしどりマコ&ケン」口演会に集まりました。
  90分でも、「まだまだ、言い足りません!!」というお二人に、函館のイカ刺しをご披露しました。

3.
4月14日(金)、弁護側ジョン・ラージ氏(残念ながら、3月に予定していた証人尋問を出来ませんでした)が
  
第4意見書を提出しました。要旨については、次のリンクをご覧下さい。
         John・Large-ikennsho.docx へのリンク                        

4.今までの証言のまとめ
  @ 2月21日(火)と22日(水)に行われた反対尋問の要旨は、次のリンクをご覧下さい。
   ・渡辺満久氏 に対する被告側反対尋問     watanabe-shougen2.docx へのリンク
   ・被告側証人・山崎晴雄氏 に対する弁護側反対尋問    yamazaki-shougen2.docx へのリンク
    
内山弁護士の鋭い追求に、「北海道側の汐首海脚付近の大陸棚外縁部に地殻変動を示す
    可能性」を認めました。
   ・被告側証人・伝法谷宣洋氏 に対する弁護側反対尋問   denbouya-shougen2.docx へのリンク
    
中野弁護士の質問に、火山噴火のシミュレーションは「電源開発では、どの火山、どの噴火を
    前提とするか、まだ決まっていない」と答え、この裁判には、火山ガイドに文言上要求されていない
    からシミュレーション結果を示すことは必要ない、と証言しました。
   ・被告側証人・鞍本貞之氏 に対する弁護側反対尋問     kuramoto-shougen2.docx へのリンク
    
青木弁護士の巧みな追求に、設計基準事故の想定において「シビアアクシデントと基準地震動
    との組み合わせはやっていません」と漏らし、「衝撃破壊に対する検討もしていない」とテロ対策
    への無防備さをさらけ出しました。
  A2017年1月11日(水)、被告側証人・小林氏(社員、安全対策)は反対尋問で次のように
    証言しました。
     
(電源開発の防災対策、半径30km圏内の住民避難)について、
   → (防災対策の自治体の範囲に函館市が含まれるのか) 
行政上の話は存じておりません。
   → 函館市の住民の防災は、地域防災計画をたてる自治体において定めるものと考える。
   → (事業者防災計画のみを実行すればよい、と考えるのか) 
事象の把握、通報連絡、放射性
      モニタリングを行う。しかし、避難計画は入っていない。

   → (大間原発で事故が起こっても、函館市に通報する予定はないのか。)
      
今後の協議です。まだ、そういう段階にいたっていない。
   これが、
電源開発の姿勢なのかと、法廷内に「えっー」という声があがりました。
     次のリンクで証言要旨を確認して下さい。  kobayashi-hantai-shougen.doc へのリンク 

  B 2017年1月10日(火)の主尋問、2月21日(火)の反対尋問において、原告側証人の
    渡辺満久氏(東洋大教授)は次のように証言しました。

    ア、大間北方沖海底活断層(長さ40数km)が存在し、断層面は大間原発の地下にまで
      及んでいるとみられる。
    イ、
シームS−10とS−11は、大間原発敷地の直下に認められ、「将来活動する可能性
      のある断層等」に該当する。
    ウ、大間原発敷地の
地盤は非常に不安定であり、そういうところに原発はつくるべきではない。
  
証言要旨については
      
次のリンク watanabe mitiuhisa-shougen1.doc へのリンク  をぜひご覧下さい。
     尋問の中で用いられた書評甲D−134号証を次のリンクに示しています。ご参考にして下さい。
     kou-d-134.pdf へのリンク (PDFファイルの容量を少なくするため、1頁に4枚貼り付けています。)

  C 2016年9月23日(金)の主尋問、11月10日(木)の反対尋問において、原告側証人の
    佐藤暁氏は次のように証言しました。
    ア、
確立された国際基準からみると、大間原発は第3代世代炉に求められる安全基準に
      
適合していません。
    イ、過酷事故対策は「五層防護」を基本とすべきであり、
設計基準の設置許可基準として
      
第5層防護の防災を含むべきである。
    証言要旨については
      
裁判官の尋問の詳細とあわせて、次のリンク satoh satoshi-shougen1.doc へのリンク
      
及び satoh satoshi-shougen2.doc へのリンク をぜひご覧下さい。

  D2016年9月23日(金)における、
菅野榮子さんの証言の要旨は、
     
次の kanno-chinjutsu.pdf へのリンク をご覧下さい。

5.カンパのお願い・・・ 2017年6月30日(金)に結審しました。       〜New〜
     「訴訟の会」では、控訴審に向けてカンパ(寄付金)をお願いしています。
    2016年は、108万円を超えるカンパが寄せられました。ありがとうございます。
    1審の証人尋問(6回)で活用させてもらいました。皆様の大きな支えに感謝いたします。
     なお、支出項目・金額については、定期総会及び会報でお知らせしています。
        郵便口座名[大間原発訴訟の会]
        郵便振替口座 02710−0−96583